ブログは本当に終わったコンテンツなのか?

ブログは本当に終わったコンテンツなのか?

一度は辞めたはずの十数年前のブログから再チャレンジに至るまでの経緯。終わったコンテンツなのかを自ら検証開始。

目次

第一次ブログブーム

今更ながらブログをはじめます。正確に言うと再開と言った方が正しいのかもしれない。

ブランドを立ち上げたばかりの2006年頃にも書いていたことがある。ちょうどブログ全盛期の頃。猫も杓子もブログだった。勝手に第一次ブログブームと名付けよう。

 

2年くらい続けただろうか。

 

あの頃は、何も考えずに個人の日記として書いていた。グダグダの割には結構PVを稼いでいた気がする。周りのブログもそんな感じだった。起業するならブログは持ってないと〜って感じだった。

 

当時のブログは友達や知り合い向けの、どっちかというと風刺的で狭義な世界観を醸し出してたなぁ。遠方のお客様にはどうでもいい内容が多かった気がする。

辞めて正解だった。

辞めた途端注文が増えたことを覚えている。(ここの自己分析結果はまた後ほど触れたい)

 

失った習慣

当時の事を思い返してみるとブログを書く為に常にアンテナを張っていた。

何事にも。

これは自分で事業をしている人にとっては大事なことではないかと思う。というか、辞めてから気付かされた。何かとスルーが多くなる。

 

負の連鎖

あれから十数年。

WEB上には更新が止まったブログをよく見かける。。。

昔からブログの根本的なことは変わっていないのだろうが、あり方は全く異なっていると思う。文章、見せ方、WEB知識などすべてにおいてテクニックが段違いに必要だと思う。

今はブログよりSNSに力を入れるべきだろうし。。。

実際、WEB関係の仕事をしている人もあまりブログはオススメしていないようだ。

 

今更感。。。

企業に何のメリットが?

ネタ探しのために生きたくない

時間がない。。。

めんどくさい。。。

 

まだ出てくるな。。。

 

マイナス要因の方が多く思いつくでしょ?

 

第二次ブログブーム到来

しかし、皆んなが口を揃えて言うほど終わったコンテンツとは思っていない。僕は自分でやってみないと気が済まない質である。もちろん上記のテクニックなど持ち合わせてないので、やりながら覚えていこう!

必要無いと判断すればダメならすぐ辞めるし、為になるのであれば全力で取り組む。

 

ま、とりあえずやってみよう!

 

そう。僕の中では第二次ブログブームの幕開けである。

 

 

もうすでにいいことだらけ

今書いていて感じていることがある。

 

ライティングの練習になる

単語、類語を調べるので言葉を覚える

色々な課題が見えてくる

アンテナ立った感すごい!

 

もう、この時点で悪い気はしない。続ける価値はあるかもしれないと感じている。

 

さて、どのくらい続くか楽しみですね。

是非続けてご購読ください。

 

コメントを残す

メニューを閉じる