dozenのオーダーメイドアクセサリーという選択

dozenのオーダーメイドアクセサリーという選択

2006年にオーダーメイド専門店として営業を開始して、今年で13年。自分で言うのも何ですが、非常にニッチな職種なのによく続いてる。
制作点数は4000点超え。北は北海道、南は沖縄まで全国からご注文をいただく。(たまに海外からの注文もある)
もしオーダーメイドにご関心があれば、是非ともdozenへご相談ください。

目次

オーダーメイドアクセサリーとは?

オーダーメイドアクセサリーと聞いてもパッとイメージしづらいと思う。

既製品にはないデザインで、ご要望に合わせてアクセサリーを作ることである。

皆さんが思っている以上に、何でも形になるので驚かれることも多い。

 

こんなときに選ばれる

弊社のオーダーメイドアクセサリーを選んでいただいている主な理由をまとめた。

 

・誕生日や特別な日の贈り物

・お気に入りのネックレスを無くしたが再販してなかった

・既製品に気に入ったデザインがない

・サイズが合うリングがない

・自分へのご褒美

 

オーダーメイドアクセサリーのメリットデメリット

メリット

・人とかぶらない

・自分でデザインが可能

・売っていないものが手に入る

・カスタムも可能

・特別感ハンパない

 

デメリット

・既製品より高くなることがある

・手元に届くまでに時間がかかる

・思い描いていたのと違うことがある

・ブランド志向の人には向いていない

 

メリットについては見てなんとなく想像できると思うが、デメリットも多少なりとある。

今回はデメリット部分について説明?言い訳?していきたい。

 

既製品より高くなる訳

オーダーメイドアクセサリーは既製品に比べるとどうしても高くなりがちである。

 

それは制作費がかさむからである。

 

その訳は?

デザイン次第で制作方法が変わることがあるが、既製品制作作業の一般的な流れを図にした。

素材(金属)の金額は世界的な相場で決まっているので、数が多いとか少ないで金額の変動は少ない。

大変なのは最初の「原型を作る」段階であり、調整が必要な場合は何度か作り直して製品になる。

この部分がオーダーメイドの難しさであり、作業時間も増えることから、金額が高くなるわけである。それでも、dozenでは1万円台でも制作可能である。(デザインや大きさで金額が変わるので、まずは気軽に問い合わせてほしい。)

 

言い換えるとオーダーメイドアクセサリーとは原型をそのままお客様のもとに届けるということである。

 

逆に、既製品のように量産する場合は最初の調整など必要ではなく、原型どおりそのままを形にすればいいので、作業量が少なくて済むから単価を下げることができる。

仕事のしやすさも影響する。考えながら調整を繰り返す作業と、決められた形に沿って同じ作業の繰り返すのとでは作業効率が随分変わる。

しかし、量産数が10個以内とかだと、型の制作費があるので思ったより安くはならない。

ただ、次回から欲しい時に欲しい分だけ複製ができるようになるメリットはある。

(量産についてはまた別の機会に。。。)

 

手元に届くまでに時間がかかる

制作の状況にもよるが大体デザイン確定後、3週間前後になることが多い。

この「デザイン確定後」というのは、制作作業に移る大事な準備段階であるデザインの打ち合わせが終わった状態である。

 

人によってこの時間は大きく変わる。

デザインを綺麗にまとめている方もいれば、漠然と思い描いている方もいる。

やはり、綺麗にまとめて頂いているとデザインの確定も早い。

この打ち合わせはこちらからの質疑応答形式で進めるので、質問に答えていただければ打ち合わせは完了する。

納期に指定がある場合は余裕をもってオーダーしてほしい。

デザインの打ち合わせは、物理的に不可能なデザインをご希望されることも多いので、その場合はアレンジも必要になる。

 

正直なところ、電話では打ち合わせできない。

やりとりを履歴として残しておきたいのと、画像のやりとりがどうしても必要であるからである。

 

思い描いていたものと違う

経験の差がモロにでるところである。そして何より、作り手の好みを出してしまうとうまくいかない。

実際、dozenのクレームはほとんどない。

オーダーメイド専門店として10年以上やって来て、とても自負できるとこである。

それでも、年に1、2回はある。制作数に対して「稀」といってもいいかと思う。

 

もちろん、気に入らない場合は再制作等で対応させていただいている。

 

デザインの摺り合わせがうまく出来てないと、思っていたものと違うということが起こりやすい。だから、まずはお客様に寄り添うところから始めるようにしている。

最初の段階でお客様の好みなどを情報として手に入れることから始まり、デザインの打ち合わせを十分におこなってから正式にご注文を頂いている。

 

ブランド志向思考の人には向いていない

これはオーダーメイド以前の問題である。

例えブランドのものと同じデザインで作ったとしても、出どころが違うのでもうすでに違う商品である。

 

もちろん違法だが。

 

ちなみに素材だけでいうとハイブランドのアクセサリーと何も変わらない。ブランドの冠(付加価値)がつくかつかないかである。

 

オーダーメイドとは、周りに流されない、自分をしっかり持った人がよく似合うと思う。

 

最後に

なんか偉そうに書いてきましたが、もっと手軽に作っていただきたいと思います。

シンプルなデザインであれば1万円台でも可能です。

詳しくはdozenのホームページをチェックしてみてください。

 

バナーをクリックするとホームページへ移動します

 

コメントを残す

メニューを閉じる